2017.10.30
 千葉県歯科医師会より認定証が届きました。
 新しい知識と技術向上のために努力していきます。

   


2017.6.22
 
館山小学校 5年生 歯科指導
  
学校歯科医として「 咀嚼について 」の講演を行ってきました。
  毎年恒例となった咀嚼判定ガムを使った実習も行いました。良く咬む事は食事だけでなく、勉強面でも影響する事に興味を持ってもらいました。
 館山小学校 1年生 歯科指導
  スタッフと一緒に歯の大切さ、歯の磨き方の指導をしました。
 後日、保健室の先生より子どもたちの感想文を素敵にまとめていただきました。
 これからも続けて活動していきたいと思いま


2017.4.2
  
CSG 学術講習会に参加しました。
 「6mm以上の歯周ポケットを歯周基本治療できっちり治す」 谷口 威夫 先生のお話を聞きました。
 歯周メンテナンスにおいて日々感じていた考えが実感できる有意義な講義でした。早速、スタッフとも共有し、日々の診療に生かしていきます。


2016.11.13〜16

 「 Thw Edward H.Angle Societyn of Orthodontists Angle Southern California Japan Meeting 」 に参加しました。
 ケースプレゼンターとして「ClassU div.1 treatment using mini screw - Ten years retention」を発表しました。
 毎年Southern Californiaで行っていた学会を初めて日本で開催することになりました。
 2年にわたり学会準備と発表準備を行い、大盛況の内に終了する事が出来ました。
 迎え入れる側の大変さを改めて痛感しました。大変でしたが、とても良い経験になりました。
    HOTEL NEW OTANI にて


2016.10.10
 「 矯正YEARBOOK 2016 永久歯列の上顎前突を極める 」 に掲載されました。
 スタディグループを代表して 「 McLaughlin システムを用いて治療した、著しい上顎前歯の突出を認める AngleU級1類症例 」 を寄稿しました。


2016.7.1

 「 東京歯科大学水道橋病院 医療連携協力医療機関 認定証 」 が届きました。
 進学や就職で東京に引っ越した方にもスムーズに紹介、連携が取れます。

2016.4.1
 「 日本歯科医師会生涯研修事業 終了証 」 が届きました。
 学会・講習会に積極的に参加しました。


2016.3.18
 「 The Edward H.Angle Society of Orthodontists Southern Carifornia Component Scientific Meeting 」 に参加しました。
 正会員の症例審査会において Difficult Winner (最優秀賞) に選ばれました。
 来年の学会にて症例講演発表を行います。
   Los Angels, California にて


2016.1.28
 東京歯科大学矯正課研修生 レクチャー
  25年前には教えてもらう立場でしたが、今は教える立場になりました。
  診断の注意点、分析データーの生かし方などを症例を用いて具体的な流れをレクチャーしました。
  目がきらきらとした研修生と接し、頼もしく嬉しく感じました。
   東京歯科大学 千葉病院 にて


2015.11.18〜20
 第74回日本矯正歯科学会 福岡大会
  日本矯正歯科学会 専門医更新審査 3症例の模型展示審査、症例展示審査を受けました。
  無事、更新合格しました。
  「 McLaughlinシステムを用いたAngleU級の外科的矯正治療例 」 を症例展示しました。 
  スタッフも参加して勉強してきました。
    福岡国際会議場 福岡マリンメッセ にて


2015.9.25〜30
 「 The Edward H.Angle Society of Orthodontists All American Meeting 」 に参加しました。
 Angle Societyの歴史と進歩、発展、重みを肌で感じてきました。
   Los Angels, California にて


2015.7.2
 館山小学校 5年生 歯科指導
  学校歯科医として「 咀嚼について 」の講演を行ってきました。
  咀嚼判定ガムを使った実習も行い、良く噛むといいことに繋がると理解してもらいました。
 館山小学校 1年生 歯科指導
  スタッフと一緒に歯の大切さ、歯の磨き方の指導をしました。
  「歯の磨き方初めてわかった!」との乾燥をもらいました。
  これからも続けて活動していきたいと思います。


 夕刻からは、
 「 臨床実践歯の移動バイオメカニクス最前線 」
  〜歯の移動予測はどこまで可能となったか?効率的な歯の移動を達成するための戦略〜
  と題し、長崎大学大学院医歯薬学総合研究科歯科矯正学分野 吉田教明先生の講演会に出席しました。
    東京歯科大学水道橋病院 にて


2015.5.14
 「 できる!歯周病の生涯コントロール 」
 〜良くわかるSPT(歯周病安定期治療)による健康維持〜
  にスタッフ4名が参加しました。歯周病をサポートするSPTの考え方を理解し患者さんとの関わり方を再確認しました。
  良い刺激をたくさん受けてきました。
    モリタ にて


2015.2.15〜16
 「 Dr.McLaughlinによ矯正プログラムW 」
 ClassVと非対称治療におけるインターアーチ矯正治療メカニクス を受講しました。
    ベルサール西新宿 にて


2014.11.16
 第4回外房ブロック別コアカリキュラム 「 診療室で取り組む、う蝕・歯周病のリスクコントロール 」に参加しました。
 歯周病治療の専門医 東京都中野区開業の 景山正登 先生のエッセンスを直接お伺いすることが出来ました。
 お話を生かして日々の診療に取り入れていきます。
    南総文化ホール にて


2014.11.3
 
東京歯科大学 歯科矯正学講座 教室設立100周年記念講演
  歯科矯正学講座100周年を記念して、東京歯科大学血脇記念ホールにて100年の矯正学の進歩を振り返り、University of Southern CaliforniaのSameshima先生の
  特別講演も聞くことが出来ました。
  夕刻からは、創立100周年記念祝賀会に参加しました。300人以上の卒業生が一度に会し、同期達と懐かしいひと時を過ごしました。
    パレスホテル にて


2014.10.20〜21
 第73回日本矯正歯科学会 幕張大会
 「 McLaughlinシステムを用いたAngleV級の外科的矯正治療例 」
  を症例展示しました。スタッフも参加して勉強してきました。
  今年は地元千葉での開催でしたので、スタッフ達は特別に「東京ディズニーシー」にてホスピタリティーを体感する研修を行いました。
    幕張メッセ にて

l


2014.7.1
 「 ストレートワイヤーエッジワイズシステム McLaughlinシステムエッセンスト症例 」
  McLaughlinシステムについてPASS矯正歯科臨床研究会20年にわたる臨床研究と臨床技術の症例集を発刊しました。

【監著】古賀正忠/Richard P.McLaughlin
 【編集委員】永井宏人/新倉良一/二宮隆/渡辺和也/林宏己
 【執筆者】Paul K.Upatham/In Kwon Park/菅沼與明/大内仁守/中村桂子/
    渡木澄子/林正樹/平久忠輝/田中千元/和知学/河村光輝


2014.6.27
 館山小学校 5年生 歯科指導
  学校歯科医として「 咀嚼について 」の講演を行ってきました。
  咀嚼判定ガムを使った実習も行い、良く咬むことの大切さについて理解してもらいました。
 館山小学校 1年生 歯科指導
  スタッフと一緒に歯の大切さ、歯の磨き方の指導をしました。
  ジュースに含まれている糖分量の多さに子ども達はとても驚いていました。
  これからも続けて活動していきたいと思います。


2014.6.12
 よい歯のコンクールに参加しました。
 「 6月歯の衛生週間 」です。
 「 親と子のよい歯のコンクール 」と「 高齢者のよい歯のコンクール 」を行いました、
 安房歯科医師会の活動として、応募50人余りの中から優秀賞などを審査、講評を行いました。
 地域の活動に協力していきます。
    館山市コミュニティーセンター にて


2014.6.5
 健歯児童生徒審査会・表彰式に参加しました。
 「 6月歯の衛生週間 」です。
 安房歯科医師会の活動として、安房地域の小・中学校の健康な歯の代表の中から千葉県審査会安房地区代表を選出しました。
 表彰式では講評を担当しました。
 小学校代表には中学の審査会で再会できる様お願いし、中学校代表には健康な歯は勉学向上に役立つことをお話しました。
    南総文化ホール にて


2014.3.18
 PASS臨床研究会有志
  「 Dr.Richard P.McLaughlin San Diego Conference 」 に参加しました。
  限られた時間の中で問題点や疑問点を定義しあい、中身の濃いMeetingになりました。
    San Diego, California にて


2014.3.15〜17
 「 The Edward H.Angle Society of Orthodontists Southern California Component Scientific Meeting 」 が開催されました。
    Los Angels, California にて

2014.1.22〜23
 「 Dr.McLaughlinによる矯正プログラムV 」
 ClassU不正咬合におけるインターアーチ矯正治療メカニクス を受講しました。
    ベルサール西新宿 にて


2013.10.8〜9
 第72回日本矯正歯科学会 松本大会
  「 McLaughlinシステムを用いた反対咬合症例 」
  を症例展示しました。スタッフも参加して勉強してきました。


2013.10.1
第2駐車場が出来ました。交差点近くですので出入りの際は十分注意してくださる様お願いします。


2013.6.27
 館山小学校 5年生 歯科指導
  学校歯科医として「 咀嚼について 」の講演を行ってきました。
  咀嚼判定ガムを使った実習も行い、良く咬むことの大切さについて理解してもらいました。
 館山小学校 1年生 歯科指導
  スタッフと一緒に歯の大切さ、歯の磨き方の指導をしました。
 後日、保健室の先生より子どもたちの感想文を素敵にまとめていただきました。
 これからも続けて活動していきたいと思います。


2013.5.28〜29
 KOGA Orthodontic Program〈BASIC〉
  「 症例で見るMcLaughlinメカニクス 」と題して矯正専門医向けのセミナーが開催されました。
  ケースプレゼンターとしていくつかの症例を発表、解説してきました。
    札幌国際ビル にて


2013.3.8〜10
 「 The Edward H.Angle Society of Orthodontists Southern California Component Science Meeting 」 が開催されました。
  昨年 Difficult Winner(最優秀賞)に選ばれたので、その症例の記念講演を行い、審査委員も務めました。
    Los Angels,California にて


2013.2.10
 「 摂食嚥下リハビリテーションにおける手とくちの協調 」 を受講しました。
  当医院は矯正治療の子ども達だけではなく、歯周病に悩む成人の方、
  入れ歯や全身疾患をお持ちの高齢者の方までいらっしゃいます。
  地元の歯医者さんとして、知識と技術の向上に努めます。
    千葉県歯科医師会館 にて


2013.2.3
 「 歯周病原細菌とペリオドンタルメディシン 」 を受講しました。
  長期に渡る歯周病治療に関する知識を再確認してきました。
    船橋市 きららホール にて

2013.1.24〜25
 「 Dr.McLaughlinによる矯正プログラムU 」
  矯正診断、治療計画、治療メカニクス を受講しました。
  矯正診断において、「 The McLaughlin Dental VTO 」におけるシュミレーションが治療計画にとても有効であると再確認しました。
  又、講習会前日には、McLaughlin 2-Year Orthodontic Programに参加したメンバーと共に夕食を囲みました。
    ベルサール西新宿 
にて

2012.12.5〜6
 PASS矯正臨床研究会 主宰 古賀 正忠 先生の講習会
  「 ストレートワイヤーエッジワイズシステム(PASS・4G) 」
  アドバンス編 PART5 の補助スタッフとして勉強してきました。
    Koga Office にて


2012.12.2
 「 New Lingual Straight Wire Adovance Cource 」 を受講しました。
  リンガル矯正(舌側矯正)ストレートワイヤーの第一人者
  竹元 京人先生のテクニックをとても興味深く聞くことが出来ました。
    ベルサール九段 にて


2012.11.29
 北条小学校 ことばの教室 学習会
  学校歯科医として、保護者が普段から聞きたいけど聞けない心配や疑問に答える
  「 発音、歯並び、咬み合わせ 」 の講演を行ってきました。
  講演では、家庭で出来る舌癖トレーニングの紹介や矯正治療に対する誤解を、スライドで見せながら質問にお答えしました。
    北条小学校 にて

 午後からは、
 館山市立第二中学区健康推進委員会
  中学校と学区内の小学校、教育委員会、PTAが集まり、子ども達の健康面での問題点や課題の共有と今後の取り組みについて議論しました。
  その中で、「 肥満と口筋との密接な関係や舌癖について 」 と題し、先生方に理解してもらう講話をしました。
    豊房公民館 にて


2012.11.25
 「 今、伝えたい咬合の概念 」 の講習会に参加しました。
  矯正治療だけでなく、一般補綴治療にも咬み合わせがとても重要です。
  藤本 順平 先生の講話で機能的、力学的立場からの咬合条件の重要性を再確認してきました。
    品川 コクヨホール にて


2012.11.15
  「 ホームホワイトニング体感セミナー 」 にスタッフ2名が参加しました。
  ホワイトニングを進めていく中で、自らも体感しながら衛生士の役割について学んできました。
  少人数でいろいろ質問も出来、良い機会でした。
  休日返上で、技術向上に励んでくれました。
    松風 にて


2012.11.11
 日本矯正歯科学会 専門医更新審査試験に合格し、
  日本矯正歯科学会 専門医 認定医資格を更新しました。


2012.11.7〜8
 PASS矯正臨床研究会 主宰 古賀 正忠 先生の講習会
  「 ストレートワイヤーエッジワイズシステム(PASS・4G) 」
  アドバンス編 PART4 の補助スタッフとして勉強してきました。
    Koga Office にて


2012.10.10〜11
 PASS矯正臨床研究会 主宰 古賀 正忠 先生の講習会
  「 ストレートワイヤーエッジワイズシステム(PASS・4G) 」
  アドバンス編 PART3 の補助スタッフとして勉強してきました。
    Koga Office にて


2012.10.4
 KOGA Orthodontics Program 〈BASIC〉
  「 McLaughlinシステムのメカニクス 」 と題して矯正専門医向けのセミナーが開催されました。
  ケースプレゼンターとしていくつかの症例を発表、解説してきました。
    松風 にて


2012.9.27〜29
 第71回日本矯正歯科学会 盛岡大会
  「 McLaughlinシステムを用いた開口症例 」
  を症例展示しました。スタッフも参加して勉強してきました。


2012.9.12〜13
 PASS矯正臨床研究会 主宰 古賀 正忠 先生の講習会
  「 ストレートワイヤーエッジワイズシステム(PASS・4G) 」
  アドバンス編 PART2 の補助スタッフとして勉強してきました。
    Koga Office にて


2012.7.16
 「 ブリギッタ・ニーストレンによるPMTCクリニカルコース 」にスタッフ2名が参加しました。
  PMTCの第一人者により、直接テクニックを学ぶことが出来て充実した1日でした。
  休日返上で、技術向上に励んでくれました。


2012.7.5
 房日新聞
  先日館山小学校で行った歯科指導の記事が房日新聞に掲載されました。
  安房歯科医師会として、地域保健医療活動にこれからも協力していきます。


2012.7.4〜5
 PASS矯正臨床研究会 主宰 古賀 正忠 先生の講習会
  「 ストレートワイヤーエッジワイズシステム(PASS・4G) 」
  アドバンス編 PAR15 の補助スタッフとして勉強してきました。
  3年目になり2日間と中身が濃くなりました。
    Koga Office にて


2012.7.1
 「 週刊朝日 別冊MOOK 」
  Q&Aでわかる「 いい歯医者 」 2013 に掲載されました。


2012.6.28
 館山小学校 5年生 歯科指導
  学校歯科医として「 よく咬むことについて 」 の講演を行ってきました。
  講演では、咀嚼判定ガムを使った実習も行い、良く咬むことの大切さについて理解してもらいました。

 館山小学校 1年生 ハブラシ指導
  学校歯科医として、「 歯の大切さ 」と「 虫歯って? 」を知ってもらうために、スライドと模型を使って衛生士たちと実際に磨き方を練習しました。


2012.6.28
 PASS矯正臨床研究会
  大野 粛英先生をお招きして、MTFと歯科の歴史についてお話していただきました。
  神奈川県歯科医師会館7階にある 「 歯の博物館 」 を見学しました。
  大野 粛英先生が集められたたくさんの昔懐かしい道具を見せていただき感激しました。
    神奈川県歯科医師会館 にて


2012.6.21
 東京歯科大学矯正科研修生 実習助手
  20年前には教えてもらう立場でしたが、今は教える立場になりました。
  学ぶ意欲に満ち、生き生きとした研修生と接し、矯正学を学び始めた頃の初心の気持ちを思い起こす事が出来ました。
    東京歯科大学 千葉病院 にて


2012.6.18
 インプラント矯正研究会セミナー
  「 インプラント矯正の未来を考える 」 に参加しました。
  Dr.William F.Hohit インディアナ大学 名誉教授
  Dr.Hugo J.De Clerck ノースカロライナ大学 客員教授
  の特別講義を聴いてきました。
  急速に発展している矯正用インプラントを併用する矯正治療、安全・確実に行う為の知識の整理することが事が出来ました。
    大阪大学 中ノ島センター にて


2012.5.16
 東京歯科大学千葉病院矯正科セミナー
  「 矯正患者のための予防実践マニュアル 」 に参加しました。
  東京歯科大学の研修生対象に開催されたセミナーに矯正学教室のご好意により、スタッフと共に公聴させていただきました。
  診療を早めに切り上げて駆けつけたので疲れもあったと思いますが、
  スタッフは熱心に質問をし、日々の診療の復習と改善によい機会だったと言ってくれました。
  頑張ってくれるスタッフと共に、日々の診療に役立てたいと思います。
    東京歯科大学 大教室 にて


2012.3.18
  「 The Edward H.Angle Society of Orthodontists Southern California Component Scientific Meeting 」 が開催されました。
  Regular member(正会員)として症例発表(2症例)をしました。
  Regular member(正会員)症例審査会にて、4回目のWinner(最優秀賞)を獲得しました。
  来年のMeetingでは審査委員と症例発表が予定されています。
    San Diego, California にて

2012.2.1〜2
 「 Dr.McLaughlinによる矯正プログラムT 」
  矯正治療メカニクスとプリアジャステッドアプアライアンス を受講しました。
  公演の中、日本人Drの治療症例として症例口頭発表しました。
  この症例に対してDr.McLaughlin 及び受講生より高い評価をして頂きました。
     ベルサール西新宿 にて


2011.12.7〜8
 PASS矯正臨床研究会 主宰 古賀 正忠先生の講習会
  「 ストレートワイヤーエッジワイズシステム(PASS・4G) 」
  アドバンス編 PART5 の補助スタッフとして勉強してきました。
    Koga Office にて


2011.11.16〜17
 PASS矯正臨床研究会 主宰 古賀 正忠先生の講習会
  「 ストレートワイヤーエッジワイズシステム(PASS・4G) 」
  アドバンス編 PART4 の補助スタッフとして勉強してきました。
    Koga Office にて


2011.11.6〜7
 PASS矯正臨床研究会
  中沢顎関節研究所 所長 中沢 勝宏 先生を招き
  「 誰でも分かる咬合論 」「 中沢のTMD治療 」「 痛みの基礎臨床:ペインコントロール 」「 歯科(矯正歯科)と精神疾患 」「 科学的思考 」と
  多岐に渡り講演をしていただきました。矯正治療を行うにあたり、顎関節、咬合の知識は不可欠です。
  非常に有意義な実習もあり、日々の臨床に直ぐに生かされる講演でした。
  また、PPASSC会員の勉強会では、「 興味ある症例 」 として、
  「 矯正用インプラントを併用し治療を行った、成人 開口症例 」 を発表し、会員から評価をいただきました。
    新橋 会議室 にて

   


2011.10.18〜19
 第70回日本矯正歯科学会 名古屋大会
 「 McLaughlinシステムを用いた反対咬合症例 」
  を症例展示しました。スタッフも参加して勉強しました。


2011.10.5〜6
 PASS矯正臨床研究会 主宰 古賀 正忠先生の講習会
  「 ストレートワイヤーエッジワイズシステム(PASS・4G) 」
  アドバンス編 PART3 の補助スタッフとして勉強してきました。
    Koga Office にて


2011.9.7〜8
 PASS矯正臨床研究会 主宰 古賀 正忠先生の講習会
  「 ストレートワイヤーエッジワイズシステム(PASS・4G) 」
  アドバンス編 PART2 の補助スタッフとして勉強してきました。
    Koga Office にて


2011.7.24
 「 ホワイトニングを用いた診療活性化セミナー 」
  皆さんからのご要望の多いホワイトニングについて学んで来ました。
  ただいま鋭意準備&勉強中!もうしばらくお待ちください。
    松風 にて


2011.7.13〜14
 PASS矯正臨床研究会 主宰 古賀 正忠先生の講習会
  「 ストレートワイヤーエッジワイズシステム(PASS・4G) 」
  アドバンス編 PART1 の補助スタッフとして勉強してきました。
  2年目になり2日間と中身が濃くなりました。
    Koga Office にて


2011.7.1
 「 週刊朝日 別冊MOOK 」
  Q&Aでわかる「 いい歯医者 」 2012 に掲載されました。


2011.6.30
 館山小学校 5年生 歯科指導
  学校医として、「 咀嚼について 」をスライドを使い、
  良く咬むことの大切さについて理解してもらいました。

 館山小学校 1年生 ハブラシ指導
  学校医として、「 はをみがこう 」と題して、歯ブラシの仕方を知ってもらうために、
  スライドと模型を使って衛生士たちと実際に磨き方の練習をしました。

 ここ数年かけて、歯科教育体制が少しずつ定着してきました。
 単発ではなく、幼稚園から中学校までの継続的なかかわりが大切だと思います。

2011.6.26〜27
 PASS矯正臨床研究会
  慶応義塾大学医学部 歯科口腔外科教室 角田 和之先生を招き「 歯科臨床と金属アレルギー 」の講演をしていただきました。
  矯正装置には様々な種類の金属を使用した装置があります。また、金属だけでなく、ラテックスゴムアレルギーも関係します。
  皮膚科医との連携、アレルゲンを取り除く重要性などを勉強しました。
    大崎 ホテルニューオータニイン にて


2011.6.12
 新しいスケーリングテクニック
  スケーリング技術の向上とスケーリングの大切な器具「 スケーラー 」の
  シャープニング方法を学ぶセミナーに、衛生士たちが受講しました。
  休日返上で、知識と技術向上に努めてくれています。(感謝!)
    ライオン歯科衛生研究所 にて

2011.5.26
 PASS矯正臨床研究会 主宰 古賀 正忠先生の講習会が始まりました。
  「 ストレートワイヤーエッジワイズシステム(PASS・4G) 」ベーシック編を受講しました。
  7月からは2日間×5回に渡り、アドバンス編が予定されています。
    松風 にて

2011.4.17
 PASS矯正臨床研究会
  「 DENTAL VTO について 」
  「 第70回 日本矯正歯科学会 名古屋大会 での症例発表について 」
  中身の濃い意見交換をしました。
    渋谷 フォーラムエイト にて

2011.3.11
 がんばろう!日本!


2011.3.2
 第323回 東京歯科大学 大学院セミナー
  「 Orthodontically Induced External Apical Root Resorption 」 を受講しました。
  Associate Professor Dept of Orthodontics, School of Dentistry, University of Southern California の Sameshima先生の
  貴重な講義を聴くことができました。
    東京歯科大学 第三教室 にて


2011.2.2〜3
 Dr.Richard P.McLaughlin 矯正セミナー
  「 Overview of Systemizeed & Effective Orthodontic Care 」 を受講しました。
    新宿 住友ビル にて

2011.1.20
 東京歯科大学外科的矯正治療勉強会 第7回
 「 Air wayから考える咬合の安定性 」 に参加しました。
  千葉大学大学院医学研究院 准教授 磯野史朗先生の特別講演、
  「 成長発育に関連する呼吸安定性の重要性について 」 はとても興味深く、大変勉強になりました。
    東京歯科大学 大教室 にて


2011.1.13
 PASS矯正臨床研究会 主宰 古賀 正忠先生の講習会
  「 ストレートワイヤーエッジワイズシステム(PASS・4G) を用いた包括的矯正治療 」
  アドバンス編 PART4 の補助スタッフとして勉強してきました。
    Koga Office にて

2010.12.9
 PASS矯正臨床研究会 主宰 古賀 正忠先生の講習会
  「 ストレートワイヤーエッジワイズシステム(PASS・4G)に用いた包括的矯正治療 」
  アドバンス編 PART3 の補助スタッフとして勉強してきました。
    Koga Office にて


2010.11.11
 PASS矯正臨床研究会 主宰 古賀 正忠先生の講習会
  「 ストレートワイヤーエッジワイズシステム(PASS・4G)に用いた包括的矯正治療 」
  アドバンス編 PART2 の補助スタッフとして勉強してきました。
    Koga Office にて

2010.10.14
 PASS矯正臨床研究会 主宰 古賀 正忠先生の講習会
  「 ストレートワイヤーエッジワイズシステム(PASS・4G)に用いた包括的矯正治療 」
  アドバンス編 PART1 の補助スタッフとして勉強してきました。
    Koga Office にて


2010.10.11
 研究会メンバーの後輩、群馬県太田市「とねき矯正歯科」の渡木先生、
  東京都三鷹市「林矯正歯科」の林先生が、オフィス見学に来ました。
  はるばる来ていただいたのに、丁寧に説明ができず、記念撮影も忘れました。
  又、懲りずにいつでも見学に来てください。

2010.9.27〜29
 第69回日本矯正歯科学会 横浜大会
  日本矯正歯科学会 専門医更新審査
  3症例の模型展示審査、症例展示審査を受けてきました。
  無事、更新合格しました。スタッフも参加して勉強してきました。

 研究会メンバーの先輩、福増先生のオフィス、横浜市神奈川区にある
  「福増矯正歯科」をスタッフと一緒に見学しました。
  衛生士の方々に案内と説明をしていただきました。
  とても参考と刺激となり、明日からの診療に生かします。ありがとうございました。


2010.8.22
 カリエスリスクコントロールセミナー
  「 カリエスリスク検査の実際 」と題したセミナーに、衛生士たちが受講しました。
  休日返上で、知識向上に努めてくれています。(感謝!)
    ライオン歯科衛生研究所 にて

2010.7.29
 PASS矯正臨床研究会 主宰 古賀 正忠先生の講習会
  「 ストレートワイヤーエッジワイズシステム(PASS・4G)に用いた包括的矯正治療 」ベーシック編を受講しました。
 秋からは4回に渡り、アドバンス編が予定されています。
    Koga Office にて


2010.7.4〜5
 PASS矯正臨床研究会
  東京歯科大学市川総合病院 准教授 外木 守雄先生を招き
  「 顎変形症に対する外科的矯正治療 」の講演をしていただきました。
  睡眠時無呼吸症候群に対する外科的矯正治療の役割等、とても勉強になりました。
    大崎 ホテルニューオータニイン にて


2010.7.1
 館山小学校 5年生 歯科指導
  学校医として、「 咀嚼について 」をスライドを使い、良く咬むことの大切さについて理解してもらいました。

 館山小学校 1年生 ハブラシ指導
  学校医として、「 歯の大切さ 」と「 虫歯って? 」を知ってもらうために、
  スライドと模型を使って衛生士たちと実際に磨き方を練習しました。


2010.6.28
 「 週刊朝日 別冊MOOK 」
  Q&Aでわかる「 いい歯医者 」 2011 に掲載されました。

 「 読売新聞 医療情報部 編集 」
  新 歯科の実力 2011 に掲載されました。


2010.6.1〜2
 「 1st Yonsei International Training for Advanced Orthodontics 」を受講しました。
  インプラント矯正をいち早く導入している韓国の状況を学んできました。
    延世大学、韓国 にて

 研究会メンバーの先輩、朴先生のオフィス、韓国ソウル市「梨知歯科」を見学しました。


2010.3.21〜24
 PASS矯正臨床研究会有志
  「 Dr.Richard P.McLaughlin San Diego Conference 」 に参加しました。
  限られた時間の中で問題点や課題を提議しあい、中身の熱いMeetingになりました。
    San Diego, California にて


2010.3.18〜21
 「 The Edward H.Angle Society of Orthodontists Southern California Component Science Meeting 」 に参加しました。
  Regular member(正会員)として症例発表(2症例)をしました。
    Los Angels, California にて


2010.2.1〜2
 PASS矯正臨床研究会 主催
  「 Dr.Richard P.McLaughlin 矯正セミナー 」 を受講しました。
  PASS研究会は、10年以上にわたりMcLaughlinシステムに関わり学んできました。
  Dr.McLaughlin の依頼により「 矯正治療の診断、治療、方針そして治療メカニクス(Z) 」
  と題した講演会を主催し、200名を超える受講者を迎え、盛況の中、終了しました。
    ベルサール西新宿 にて


2010.1.25
 PASS矯正臨床研究会
  「 McLaughlinシステムを用いた叢生症例について 」
  McLaughinシステムを用いた叢生症例の治癒起点について意見交換しました。
    渋谷 フォーラムエイト にて


2009.11.26
 館山市立第二中学区健康推進委員会
  中学校と学区内の小学校、教育委員会、学校医が集まり、
  子ども達の健康面での問題点や課題の共有と今後の取り組みについて議論しました。
  その中で、「 歯の健康について 」と題し、唾液の分泌や口臭と生活習慣の密接な関係を先生方に理解してもらう講話をしました。


2009.11.17〜18
 第68回日本矯正歯科学会 福岡大会
  「 Mclaughlinシステムを用いたAngleU級1類抜歯症例 」
  を症例展示しました。スタッフも参加して勉強してきました。


2009.10.17〜25
 「 The MBT Philosophy A 2-Year Orthodontic Program-Cource6- 」
  を受講しました。今回はコース内セミナーとして、外科的矯正の権威、
  Dr.G.William Arnettによる「 Orthodontics and Orthognatic Surgery 」
  「 A Comprehensive Interactive Advanced Facial Reconstruction Course 」
  を合わせて受講しました。
    Santa Barbara, California にて

   


2009.9.15
 International Self-Ligation Symposium 2009
  「 セルフライゲーティング ブラケットシステムの臨床的考察 」
  を受講しました。
    ベルサール九段 にて

2009.8.1
 「 週刊朝日 別冊MOOK 」
  Q&Aでわかる「 いい歯医者 」 完全保存版 に掲載されました。


2009.7.23
 東京歯科大学外科的矯正治療勉強会 第4回
  「 ClassU を考える part2 」 に参加しました。
    東京歯科大学 血脇記念ホール にて

2009.7.12〜13
 当医院の矯正の患者様がご主人の転勤に伴い転院されました。
  PASS矯正臨床研究会の仲間、名古屋の「河村矯正歯科」河村光輝先生に引き継ぎました。
  今回の研究会が名古屋で開かれたので転院された患者様の治療を河村先生と一緒に行いました。
  10ヶ月振りの再会。順調に治療が進んでいますね!

 PASS矯正臨床研究会 in 名古屋
  「 埋伏歯を伴う矯正治療の症例 」に関して検討会を行いました。
    名古屋 建設会館ビル にて


2009.7.7
 「 週刊朝日 2009.7.17号 」
  いい歯医者 矯正歯科編 に掲載されました。


2009.7.2
 館山小学校 5年生 歯科指導
  学校医として、「 咬むことについて 」をスライドを使い、
  良く咬むことの大切さについて理解してもらいました。

 館山小学校 1年生 ハブラシ指導
  学校医として、「 歯のみがきかた 」の大切さを知ってもらうために
  スライドと模型を使って衛生士たちと実際に磨き方を練習しました。


2009.6.20〜25
 The MBT Philosophy A 2-Year Orthodontic Program-Course5-
  を受講しました。
    San Diego, California にて


2009.4.1
 日本矯正歯科学会から 「 臨床研修機関 」 に指定されました。
  日本矯正歯科学会認定医を目指す矯正歯科医の研修機関として教育に協力します。


2009.3.19〜23
 「 The Edward H.Angle Society of Orthodontists Southern California Component Science Meeting 」 に参加しました。
  去年 Best Case Winner に選ばれたので、その症例を口頭発表しました。
  前年度Winnerは今年度の審査委員として選考に参加しました。
    Los Angels, California にて


2009.2.21〜26
The MBT Philosophy A 2-Year Orthodontic Program-Course4-
  を受講しました。
    San Diego, California にて


2009.2.17
 「 Orthodontic Management of the TMJ Patient and Update of the MBT Philosophy and Self-Ligation 」 を受講しました。
  公演の中で Self-Ligation治療の最新症例として口頭発表しました。
  そして、この症例についての追加コメントをDr.McLaughlinにしていただきました。
    大阪 千里ライフサイエンスセンター にて

2009.1.22
 館山小学校 6年生 歯科指導
  学校医として、「 咬むことについて 」をスライドを使い、噛み合わせ、ハブラシの大切さについて理解してもらいました。


2008.11.15〜20
The MBT Philosophy A 2-Year Orthodontic Program-Course3-
  を受講しました。
    San Diego, California にて


2008.9.18〜19
 第67回日本矯正歯科学会 千葉大会
  「 McLaughlinタイプブラケットシステムを用いた大臼歯U級仕上げの症例 」
  を症例展示しました。スタッフも参加して勉強してきました。


2008.9.7
 「 読売ウィークリー 2008.9.7号 」
  矯正歯科選び6か条 に掲載されました。


2008.7.12〜17
The MBT Philosophy A 2-Year Orthodontic Program-Course2-
  を受講しました。
    San Diego, California にて


2008.7.10
  東京歯科大学外科的矯正治療勉強会 第一回
  「 キックオフ勉強会 水道橋病院、千葉病院、市川総合病院 より 」
  に参加しました。
    東京歯科大学 血脇記念ホール にて

2008.7.1〜2
 「 International Self-Ligation Symposium in Japan 」
  を受講しました。
    ベルサール九段 にて


2008.6.19
 館山小学校 6年生 キャリア教育
  在校生の父として、「 職業・歯科医 」について、どうして歯科医を志したか?
  この仕事で大変なこと、嬉しかったことなどを子ども達の質問に答えながら話をしました。

 館山小学校 5年生 ハブラシ指導
  学校医として、「 咬むことについて 」をスライドを使い、噛み合わせ、ハブラシの大切さについて理解してもらいました。
  衛生士たちと実際に磨き方を確認しました。


2008.4.1
 日本矯正歯科学会より 「 専門医資格 認定証 」 が届きました。
  現在、全国で矯正専門医は226名です。


2008.4.1
 日本歯科医師会より 「 学術研修 終了証 」 が届きました。


2008.3
 「 The Edward H.Angle Society of Orthodontists Southern California Component Scientific Meeting 」 に参加しました。
  Regular member(正会員)として症例発表(2症例)をしました。
  Regular member(正会員)症例審査会にて、3回目のWinner(最優秀賞)を獲得しました。
    San Diego, California にて


2008.2.12
 MBTコースU part3
  「 上下歯列間のメカニクス 」 ―V級症例・非対称症例治療―
  を受講しました。
  講習会内で日本人Dr.の治験症例代表として口頭発表をしました。
    新宿ヒルトンホテル にて


2008.2.7
 館山小学校 6年生 ハブラシ指導
  学校医として、「 子どもの歯周病 」をスライドを使い、歯周病の怖さ、ハブラシの大切さについて理解してもらいました。
  衛生士たちと実際に磨き方を確認しました。


2008.1.17〜24
 The MBT Philosophy A 2-Year Orthodontic Program-Course1-
  を受講しました。
  このコースは、2年間6回に渡り、矯正治療の先駆者であるDr.Richard P.McLaughlin に
  直接指導、講習を受けるために各国々から集まってきます。
    San Diego, California にて


2007.11.13
 インプラント矯正研究セミナー
  「 インプラント矯正を安全かつ確実に行うために 」をテーマの講演会
  に参加しました。


2007.11.8
 館山第一中学校 2年生 講義
  学校医として、「 噛むことの大切さ 」をスライドを使い、
  あごについて、噛むことについて、若者と歯周病について理解してもらいました。


2007.10.28〜29
 PASS矯正臨床研究会 「 インプラントを用いた矯正治療の症例 」
  開咬。上顎前突、反対咬合、叢生、過蓋咬合の実例を口頭発表しました。
    大崎 ホテルニューオータニ にて

2007.9.19〜21
 第66回日本矯正歯科学会 大阪大会
  日本矯正歯科学会 専門医最終審査
  口頭試問を通過し、10症例の模型展示審査、症例展示審査を受けました。


2007.7.11
 日本矯正歯科学会 専門医審査
  書類審査を無事通過し、模型審査、口頭試問を受けて来ました。

2007.7.5
 第66回 東京矯正歯科学会大会
  「 開咬を伴う、成人ハイアングル上顎前突症例 」
  の症例展示発表を行いました。
    有楽町朝日ホール にて

2007.6.21
 館山小学校 1年生 ハブラシ指導
  学校医として、「 歯のみがきかた 」の大切さを知ってもらうために
  スライドと模型を使って衛生士たちと実際に磨き方の練習をしました。


2007.3.17〜19
 「 The Edward H.Angle Society of Orthodontists Southern California Component Scientific Meeting 」 に参加しました。
  去年 Most Interesting Winner に選ばれたので、その症例を口頭発表しました。
  前年度Winnerは今年度の審査委員として選考に参加しました。
    Anaheim, California にて


2006.9.13〜14
 第65回日本矯正歯科学会 札幌大会
  に参加しました。


2006.5.9〜10
 MBT GLOVBAL MEETING(全米大会)
  「 ClassU case and micro implant anchor case 」
  3月の Southern California Meeting で Winner に選ばれたので全米大会に招待されました。
  その中で、症例の口頭発表をしました。
    Las Vegas, Nevada にて


2006.3.17〜19
 「 The Edward H.Angle Society of Orthodontists Southern California Component Scientific Meeting 」 に参加しました。
  Regular member(正会員)として症例発表(2症例)をしました。
  Regular member(正会員)症例審査会にて、2回目のWinner(最優秀賞)を獲得しました。
  2回目のWinnerは日本人で初の栄光です。

    Anaheim, California にて


2006.2.7
 MBTコースU part2
  「 上下歯列間のメカニクス 」―U級症例・非対称症例治療―
  を受講しました。
  講習内で、日本人Dr.の治験症例代表として口頭発表をしました。
    新宿ヒルトンホテル にて


2005.11.3〜4
 「 38th Annual meeting of Korean Association Orthodontists Meeting 」
  に参加しました。
    済州島、韓国 にて


2005.2.18
 MBTシステム研究会 第4回例会 東京
  「 アンカーにMIAを用い治療を行った、成人性骨格性上顎前突症例 」
  症例の口頭発表をしました。
    渋谷 フォーラムエイト にて


2005.2.16〜17
 MBTコースU
  ―U級症例治療―「 上下歯列間のメカニクス 」
  を受講しました。
  講習内で、日本人のDr.の治験症例代表として
  「 Micro-implant Anchorageを用いて治療した著しい上顎前突症例 」
   ―ClassU div.1 Case Using Micro-Implant Anchorage.―
  を口頭発表しました。
    新宿ヒルトンホテル にて

2004.3.19〜21
 「 The Edward H.Angle Society of Orthodontists Southern California Component Science Meeting 」 に参加しました。
  Regular member(正会員)として症例発表(2症例)をしました。
    Anaheim, California にて


2004.1.23
 MBTシステム研究会 第3回例会 大阪
  「 上下顎前歯のトルク 」 ―Anterior Incisors Torque―
  症例を口頭発表しました。

2003.10.8〜10
 第54回日本矯正歯科学会 新潟大会
  シンポジウム症例展示にて、1症例を発表しました。
  「 日本人、上顎前突症例のClassU finishについて(2) 」
  ―ClassU finish orthodontic treatment of maxillary protrusion for Japanese Part2―


2003.2.12〜13
 MBTコースW
  ―U級症例治療― 「 MBTと新世代の外科矯正コース 」
  を受講しました。
    新宿ヒルトンホテル にて

2003.2
 東京矯正歯科学会雑誌 volume;13.number;2.page270~274
  「 下顎右側埋伏犬歯と片側性交叉咬合を伴うAngleV級、非抜歯症例 」
  の論文発表しました。


2002.12
 「 SYSTEMIED ORTHODONTIC TREATMENT MECHANICS 」
  著者: Richard P.McLaughlin ・ John C.Bennett ・ Hugo J.Trevisi
  出版社: エルゼビア・サイエンス株式会社
  日本語版
  「 システマイズド オルソドンティック メカニクス 」翻訳に参加しました。


2002.10.22〜24
 第53回日本矯正歯科学会 名古屋大会
  臨床セミナー症例展示・シンポジウム症例展示にて2症例を発表しました。
  「 好ましい側貌をもった日本人成人のSoft tissue cephalometoric analysis(STCA)について 」
  「 日本人、上顎前突症例のClassU finishについて(1) 」
  ―ClassU finish orthodontic treatment of maxillary protrusion for Japanese Part 1―


2002.2.23〜24
 「 The Edward H.Angle Society of Orthodontists Southern California Component Scientfic Meeting 」 に参加しました。
  Regular member(正会員)として症例発表(2症例)をしました。
  前年度Winnerは今年度の審査委員として選考に参加しました。
    Pasadena, California にて

2001.5.16〜17
 「 MBT GLOBAL MEETING 全米大会 」
  3月のSouthern California MeetingでWinnerに選ばれたので全米大会に招待されました。
  その中で、症例の口頭発表をしました。
    Los Angels, California にて


2001.3.23〜25
 「 The Edward H.Angle Society of Orthodontists Southern California Component Scientific Meeting 」 に参加しました。
  Regular member(正会員)として症例発表(2症例)をしました。
  Regular member(正会員)症例審査会にて、正会員1年目にして
  初代Winner(最優秀賞)を獲得しました。

    Pasadena, California にて

2000.3.24〜26
 「 The Edward H.Angle Society of Orthodontists Southern California Component Scientific Meeting 」 に参加しました。
  Regular member(正会員)になるための症例発表(10症例)をしました。
  Regular member(正会員)に合格した日本人は13名です。
    Pasadena, California にて


1999.3.19〜21
 「 The Edward H.Angle Society of Orthodontists Southern California Component Scientific Meeting 」 に参加しました。
  Oral report発表(口頭発表)、affliate member(準会員)として
  症例発表(2症例)をしました。
    Pasadena, California にて

1998.6
 「 Orthodontic Management of the Dentition with the Preadjusted Appliance 」
  著者: John C.Bennett ・ Richard P.McLaughlin
  出版社: ISIS MEDICAL MEDIA
  日本語版
  「 プリアジャステッドアプライアンスを用いた矯正治療と歯列のマネージメント 」
  翻訳に参加しました。


1998.5
 日本矯正歯科学会雑誌 volume;57.number;5.page349~358
  「 著しい上顎前突を伴うマルファン症候群の外科的矯正治療例 」
  と題し論文発表しました。

1998.1.11〜12
 「 The Edward H.Angle Society of Orthodontists Southern California Component Scientific Meeting 」 に参加しました。
  affiliate member(準会員)として症例発表(2症例)をしました。
    Pasadena, California にて

1997.3.3〜5
 「 The Edward H.Angle Society of Orthodontists Southern California Component Scientific Meeting 」 に参加しました。
 affiliate member(準会員)になるための症例発表(5症例)をしました。
    Pasadena, California にて


1996.10.14〜16
 「 The Edward H.Angle Society of Orthodontists Southern California Component Scientific Meeting 」 にゲスト参加しました。
    Pasadena, California にて

1996.10.9〜13
 Dr.Richard P.McLaughlin
  「 San Diego Straight wire Orthodontic seminar 」
  を受講しました。
    San Diego, California にて

1995.5.18〜19
 2nd Annual
  「 Roth/Williams International Meeting 」 に参加しました。
    San Francisco, California にて

1995.3.19〜21
 「 The Edward H.Angle Society of Orthodontists Southern California Component Scientific Meeting 」 にゲスト参加しました。
    San Diego, California にて


1994.10.23
 矯正、咬合そしてTMJ
  「 Roth/Williams International MeetingU 」
  を受講しました。
    浅草ビューホテル にて

1994.1.18〜19
  Dr.Robert Lee
  「 ORAL BIO-ESTHETICS AND FUNCTION course E: Coronaplasty 」
  を受講しました。
    Grand Terrace, California にて


1993.11.12
 第52回日本矯正歯科学会 鹿児島大会
  「 即時重合レジンとパラフィンワックスとを応用した中心位記録法について 」
  ―Centric relation record using selfcuring acrylic resin and paraffin wax―
  学術展示発表しました。